蓮のウテナ

水に浮かぶ蓮の台(ウテナ)のように‥ただゆらゆらと

バレリーナになりたい!ヒジャブ女子の乙女の祈りはクラウドファンディングで叶うのか?

こんにちは、蓮花(れんか)です。‥実は昔、ほんの少しだけ、バレエを習っていたことがあります。

f:id:lotas48:20170426161016j:plain

 だからバレエは大好きですし、バレエの話題にはアンテナが敏感になってしまいます。

こんなニュースを見つけました

10日ほど前のハフィントンポスト‥

どういうこと?

バレエが大好きな、オーストラリア出身の14歳のステファニー・ ケルロウさんは、ムスリムであるためにヒジャブ(ムスリムの女性が被るヴェールのようなもの)を着用しなければなりません。

でも、彼女の住む地域には、ヒジャブを着けたままレッスンを受けさせてくれるバレエ学校が無い、とのこと。

その為、「バレエを辞めなければいけないのではないか」と心配しているそうなのです。

戒律がありますから‥

確かにそうですね。バレエのレッスンは、先生にからだの線がよく見えるような恰好(レオタードとタイツ)をしなければなりません。

先生は生徒が間違ったからだの使い方をしていないか、チェックしなければなりませんから。

場合によっては、タイツの上に履くカバーオールやレッグウォーマーを取りなさい、と注意する先生もいます。

そしてムスリムの女性は、家族以外の前でヒジャブを取ることを戒律で禁じられています。しかも露出を嫌いますから、からだの線が丸見えのレオタードの時点で、アウトです。

ステファニーが起こした行動は?

なんと、クラウドファンディング。LaunchGood(ローンチ・グッド)というプラットフォームです。 こちら→1st Muslim Hijabi Ballerina In The World(世界で初めてのヒジャブのバレリーナ) ここでお金を集めて、ヒジャブのままレッスンを受けられるバレエ学校を作ろう、というのです。

驚いた!

14歳ですよ?びっくりです。

何に驚いた?

いろいろあるので箇条書きにします。

1.発想に驚いた

もう一度言います。14歳ですよ?日本で言えば中学2年生です。

その彼女が、クラウドファンディングでお金を集めるということ、そして集めた資金で学校を作るということ。

それらを思いついたということに、びっくりしました。

2.勇気に驚いた

イスラム教は女性に対して厳しいというイメージを、私は勝手に持っていました。

女性が教育を受けるのは良くないことだと言って、教育を受ける権利を主張していた少女が襲撃されたこともありましたし。

だから、ステファニーのとった行動はとても勇気のいることだ‥と思ったのです。

でも、実際にはどうなのでしょうね?こんなニュースもありますし。→イスラム教はそもそも女性を蔑視していない これだけの理由がある

私が暮らすマレーシアは、イスラム教の国です。でも女性は普通に学校に通っていますし、仕事をしています。特に窮屈を強いられてる様子はないように見受けられます。

‥というよりも、マレー、華僑、インド問わず、この国の女性は強いです(^_^;)

私は、ただなんとなく世の中に流れる"空気"に惑わされて、特定の宗教に偏見を持っていただけなのかもしれません。

3.新しい可能性にびっくり&うっとり

ステファニーのインスタグラムを見て、衝撃を受けました。

www.instagram.com

美しい!

青いヒジャブをつけて、窓辺でポーズをとるステファニー。

 

Had such a fun photo shoot the other day!💙

A post shared by S T E P H A N I E K U R L O W (@stephaniekurlow) on

白いヒジャブとお揃いのドレスを着てアラベスクをするステファニー。

 

Had such a fun photo shoot the other day!💙 #wedanceasone

A post shared by S T E P H A N I E K U R L O W (@stephaniekurlow) on

どれもため息がでるほど美しい写真です。

考えてもみて下さい。私たちがイメージする美しいバレリーナというのは、白いクラシックチュチュを着けている女性(‥最近は男性も)です。

クラシックチュチュってこんなの→クラシックチュチュ画像検索

でも、足首まで覆う長いスカートのロマンチックチュチュを着て、お揃いのヒジャブを被ったバレエダンサーがいたら‥美しいと思いませんか?ロマンチックチュチュの画像検索

そんなダンサーばかりが踊るコール・ド・バレエ(群舞)があったら‥

例えば、白鳥の湖

例えば、ジゼル。

私は、観てみたいです。きっとすごく美しい。

バレエは、美しいことが正義、ですから。

ステファニーのお陰で、新しい"美"の可能性に気付くことができました。

というわけで、さくっと寄付してきました

1st Muslim Hijabi Ballerina In The World(世界で初めてのヒジャブのバレリーナ)  この↑ページのトップに出ているステファニーの動画、その横にある黄色い「Support」というボタンを押して、「Just helping」を選ぶと寄付が出来ます。

金額は自分で決めることができます。決済はクレジットカードです。(確か)

年末にカメラを買った時の予算‥その余りのほんのわずかな金額ですが。

ステファニーの可能性と美しさに投資しました。 彼女の夢が叶い、新しい"美"の世界を魅せてくれることを期待して‥

がんばれ、ステファニー!

 

あなたの暮らしがいつも楽しいものでありますように‥蓮花(れんか)