蓮のウテナ

水に浮かぶ蓮の台(ウテナ)のように‥ただゆらゆらと

ハッピーも苦労も同じくらい経験したのなら「ハッピーな人」に見えたほうがいいにきまってるよね

こんにちは、蓮花(れんか)です。人は見かけで判断しちゃイカンですよね。

f:id:lotas48:20170426155133j:plain

 アメリカ滞在中(2015年8月~11月)

ある人にランチにお呼ばれしました。

その方はアメリカ生まれではなく、他の国から引っ越してきたとのこと。

なので、英語やら生活習慣の違いやらで、いろいろな苦労も経験してきたとのことでした。その方から‥

アンタは苦労が足りないんじゃ!

‥的なことを言われ‥たような気がするのです。

なぜ"気がする"のかっていうと、私の英語力が話の全てを把握できないレベルだからです。

明確なひと言があったわけでもないのですが、言外に匂わせる‥とでも言いましょうか?

話の端々に「もっと苦労しろ」ビームを差し込まれていた、とでも言いましょうか‥あぁ、うまく説明できない。

‥からの、苦労自慢

その「もっと苦労しろ」ビームに違和感を覚えつつも、なんとか聞き取りに徹していたところ、やがて話はご自分の苦労自慢話に突入しました。

自分はアメリカの生活にアジャストする為にいかに苦労したか‥その結果、今どんなベネフィットを享受できているか‥などなどなど。

もちろん「それに比べてアンタは苦労してないよね」ビームも休まず発射されてい‥たと思います。

こっちのほうが「もっと苦労しろ」ビームよりも簡単でした。あからさまな自慢話でしたから。「おぉ、この話ならわかるぞ!」とちょっと嬉しくもなったり。

そんな緊張感の足りない態度だから「苦労が足りない」なんてお叱りを受けるんですよね。はい、反省しまーす。(棒読み)

国民性の違い?

こう言ってしまっては、実も蓋もないのですが。国が違えば国民性も違います。

同じ事柄に対しても、感じ方や考え方は違って当然。それがグローバル・コミュニケーションというものなのでしょう。

とはいえ「こんな一方的にdisられることがコミュニケーションなのか?!」と、己の英語力不足を棚に上げて憤りもしました。

わかりやすく言うと、借りていたアパートに帰ってから、大荒れに荒れました。

もの凄い大声も出したので、隣近所の方には迷惑だったと思います。ごめんね、ネイバーフッド。

あれからずーっとモニョってます

その方とのランチ以来、お陰さまでずーっとモヤモヤしっぱなしです。マレーシアに戻ってきてからも、折に触れて考えてしまいます。

私はそんなに「苦労知らず」だろうか?

「苦労」の定義は人それぞれ。それまで過ごしてきた人生の年数のぶんだけ、その人その人に「苦労」の歴史はあるのです。

「ハッピー」の歴史と同じくらいに。 そして大抵の人は、それを自慢したり、ひけらかしたりしないんですが‥

私はハッピーに見えてはいけないのだろうか?

ここまでくると、思考がちょっとダークサイドに傾いていますね。 ちょっと他人にdisられたくらいで、私のメンタルタフネスもたかがしれるといったところですが。

でも、苦労もハッピーも同じくらい経験してるのなら、ハッピーな人に見えたほうがいいに決まってる‥と思うのは、そんな常識はずれなことじゃないと思うんですよね。

そして出逢えた福音

年が明けてからのTwitterで、それまでのモヤモヤを吹き飛ばしてくれるツイートに出逢いました。

通り魔(笑) 通り魔!!

小池先生(@koikekazuo)は一連のやりとりを見ていて下さったのだろうか!と無茶な妄想をしたくなるほどのご慧眼。本当に「声に出して読みたい小池一夫」と名付けたくなる名言です。

泣ける‥

今この記事を書きながら当時のことを思い出し、小池先生のツイートを改めて見直していたら、本当に鼻の奥がツーンとしてきました。

まだ私のこころの中では決着のついてない問題みたいです。

こんな大人に私はなりたい

最後にもうひとつツイートを。

小池先生、あなたのツイートで救われた者がおります。私に直接言って下さったのではないにしても、ありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。この記事がお気に召しましたら是非(#^.^#)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

あなたが 今日も ごきげんで過ごせますように‥蓮花(れんか)